民主党政治コンサルタント発言!

He seems to be lost — let’s face one thing. He is the least prepared person to have been president in modern times, and it’s beginning to show.

あらら

MikeRossTky

広告
カテゴリー: 未分類 | 1件のコメント

iPad vs Kindle そして I-MIZAR iPad レザーケース

iPadを使い始めて約2週間。もう少し待ってから買おうと思っていたのですが、I-MIZARレザーケースのモニターとなったので、早めに買う事に。

I-MIZARのケースに入ったiPadとAmazonのKindleケースに入ったKindle(2nd Generation)。iPadのアプリケーションはKindle for iPad。見た目は良く似ていますが、実際に使ってみるとiPadの電子本の弱点がいくつか。

1.反射。Kindleの画面は周り景色を反射しない。だから読みやすい。iPadでは結構反射が気になり、読んでいる画面への集中がしにくくなります。そのため、環境が良くないと、なかなか本を読む事が持続できない。
2.Kindleの場合は”Next Page”のボタンを押さない限り、次のページをめくる事は無い。iPadの画面を下手に触ると、前のページや次のページに行ったり、ノートをつける機能など、”読む事”に関係ない動作を勝手にしてしまう。
3.Kindleが物理的に持っているボタン。Windowsのマウスを使うのと比べるとしょぼい。でもiPadが提供するタッチスクリーンが提供するボタンはもっと使いにくい。
4.iPadは重たい。I-MIZARのように立ててくれるケースに入っていないと読む事は難しい。
5・iPadは本を読むには大きすぎる。重たさもあるのだが、通常の単行本を広げたぐらいの大きさのKindleに比べると、iPadはそれより大きい。新聞を折ったぐらいの大きさ。重さを入れると、重たい雑誌を読んでいる感じ。テーブルに置いて読むのなら良いのだが、反射などで向かい側に窓などがあると、読みにくい。

普通の本に近い感じで本を読む。Kindleはその環境を提供している。

確かに、Wall Street Journalや子供の絵本のようなカラー写真や挿絵がある場合はiPadの方がはるかに優れている。でも反射は気になる。音楽やマルチメディアを必要とするユーザー向けですね。私は営業職なので、ソフトの画面や構成図をお客様に見せる為にiPadを買いましたので、本はKindle.画像はiPadに使い分ける事に。二つを持ち歩く・・・

さて、ケース。

iPadのケースで気になっていたのが、1)落下しない と 2)大きくならない。

Kindleの場合、写真で見るようにフックがあり、絶対ケースからKindleが離れない工夫がKindle自体に組み込まれている。

Kindleのフック。

iPadの場合、すべすべ。完全に覆い尽くせば良いかもしれませんが、そうすると、インタフェース、イヤホン、電源スイッチ、音量コントローラーなどへのアクセス用に穴をあけたり、ケースをiPadより大きさを一回り大きくしなければなりません。

I-MIZARのケースはこの問題を素晴らし技術を使って落下しにくい、インタフェースなどへのアクセスを損なわないように行っています。

iPadの大きさとほぼ同じ大きさのフレームをケースに使う事により、落下しない。iPadよりほとんど大きくならない。 問題点の2点を克服しています。

この2週間、通勤でKindleと一緒に持ち歩いていますが、中からiPadが落ちると思った事はありません。

難点としては、市販されている、シリコンカバーが使えない事。シリコンカバーはiPadを落としたときに衝撃を弱くするメリットがある。このケースを落としたときにどこまで守られるのかは判らない。

営業のツールとして使うわけですので、ルックスは重要。

プロフェッショナルに見える。オレンジ色が映える。青いレザーも濃い青で良い。

銀色の丸いロゴをレザーに変えてもらえればベストかな?

このケースが入ってきた”包装”も最高! 高級感がある包装は会社に届いた時に周りからも良い反応が。中国製ですが、日本の品質が包装から製品まで伝わっていると。

ちなみに、支えになる”足”にはマグネットが入っていて、きちんとしまう事できます。 しまう時に”パチン”と音がします。

難点としては、ケースに入った形での持ちながらiPadが使えるようにどこか手で握れる所があればベストですが、これが無い。机の上に置いて使うには良いのですが、手持ちしたい時の工夫ができれば・・・

数週間使って、またモニターの報告を行いたいと思います。

I-MIZARのサイトは:http://i-mizar.com/products/detail/4/

MikeRossTky

カテゴリー: Computer and Accessory | コメントをどうぞ

技術 - Technology のすばらしさ

二つのビデオを紹介します。 英語のビデオですが、見てください。技術の素晴らしさの象徴です。

MikeRossTky

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

平和賞式典17ヶ国欠席に

フィリピン・ウクライナがノーベル平和賞式典に参加する事に。欠席は17ヶ国に

フィリピン アキノ大統領の父がマルコス大統領時代に暗殺された事を考えれば、この式典に参加することは当たり前のはずです。

また、ウクライナは、この式典には政治的要素が無いと表明しての参加だが、政治的要素が濃い式典だけに、ロシアに対してのメッセージとなりそうです。

MikeRossTky

カテゴリー: ニュースと政治 | コメントをどうぞ

カンクンで最低気温記録タイ!!

国際温暖化会議が行われているカンクンが記録的寒さ!!

これを”Gore Effec”と言います。

MikeRossTky

カテゴリー: 温暖化 | コメントをどうぞ

カンクンでPetition to Ban the Use of Dihydrogen Monoxide (DHMO)

カンクンで行われている国際気候会議に参加している方々に”温暖化の最大の原因であり、酸性雨の主なる原料である酸化水素の利用禁止を訴える嘆願書”への署名・・・http://www.cfact.tv/2010/12/08/un-climate-kooks-want-to-cripple-us-economy-and-ban-h2o/

気候会議に参加する人たちが”水”の利用禁止に署名するのなら、何にでも署名しますよね。

ちなみに、このアイディアは手品師コンビで有名なPenn and Tellerが結構前にビデオで:

MikeRossTky

カテゴリー: 温暖化 | コメントをどうぞ

科学者1000人が温暖化論に疑問を

Climate Depotより:http://climatedepot.com/a/9035/SPECIAL-REPORT-More-Than-1000-International-Scientists-Dissent-Over-ManMade-Global-Warming-Claims–Challenge-UN-IPCC–Gore

More than 1000 dissenting scientists (updates previous 700 scientist report) from around the globe have now challenged man-made global warming claims made by the United Nations Intergovernmental Panel on Climate Change (IPCC) and former Vice President Al Gore. This new 2010 320-page Climate Depot Special Report — updated from 2007′s groundbreaking U.S. Senate Report of over 400 scientists who voiced skepticism about the so-called global warming “consensus” — features the skeptical voices of over 1000 international scientists, including many current and former UN IPCC scientists, who have now turned against the UN IPCC. This updated 2010 report includes a dramatic increase of over 300 additional (and growing) scientists and climate researchers since the last update in March 2009. This report’s release coincides with the 2010 UN global warming summit being held in Cancun.

この1000人の発言をまとめた321ページのPDFファイルが: http://traffic.libsyn.com/rbushway/2010_Senate_Minority_Report.pdf

科学が定まっているとされる温暖化論。IPCCでは52名の科学者が温暖化について語ったわけだが、その20倍の科学者が疑問を。

2009年3月から300人以上の科学者が増えている。毎週、新規に科学者が疑問を投げかけている計算となる。

MikeRossTky

カテゴリー: 温暖化 | 2件のコメント