米国入国・税関管理局がICANNレベルでサイトを閉鎖

上記の画像が約75のサイトで一方的に表示されている。これはhttp://topabuy.com/IPRC_Seized_2010_11.jpgから取得。

サイトを運営していて、ユーザーが違法な商品・著作権を侵害する商品販売などを行った場合、そのサイトのオーナーは注意された段階でそのページの削除を行わなければならない。対応に応じない場合はサイトの閉鎖がされたりするわけだが、今回は一方的に行われたとされる:http://online.wsj.com/article/SB10001424052748704693104575639692746020382.html#ixzz16Wmz4vsg

Under a law called the Digital Millennium Copyright Act, websites can typically avoid legal liability for copyright infringement for video or music that users post on their sites if they take it down upon the request of copyright holders. The EFF has been lobbying against a proposed law known as COICA–Combating Online Infringement and Counterfeits Act–that would give the government additional powers to move against sites that are involved in copyright infringement, even if not located in the United States.

ICE’s latest action, Mr. Eckersley said, suggest that the government is already going far beyond the DMCA law in disrupting the operations of suspected infringers. “We have a lot of concerns about what will happen if this practice becomes widespread,” he said.

インターネットが必要とする自由と社会が必要とする秩序。バランスはどう取るべきだろうか?

MikeRossTky

広告

mikerosstky について

日本生まれ、日本育ちの元アメリカ人 完ぺきではない日本語を使って、保守思想をベースにブログを。
カテゴリー: ニュースと政治 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中