温暖化基データ:破棄されていた

 

SCIENTISTS at the University of East Anglia (UEA) have admitted throwing away much of the raw temperature data on which their predictions of global warming are based.

It means that other academics are not able to check basic calculations said to show a long-term rise in temperature over the past 150 years.

The UEA’s Climatic Research Unit (CRU) was forced to reveal the loss following requests for the data under Freedom of Information legislation.

The data were gathered from weather stations around the world and then adjusted to take account of variables in the way they were collected. The revised figures were kept, but the originals — stored on paper and magnetic tape — were dumped to save space when the CRU moved to a new building.

温暖化を”証明”するとされる研究結果の基となるデータは破棄されていたと言う事が、ハッキングされたメールサーバを持つ大学から明らかになった。これまで、データの提示を拒否してきた理由がこれで明らかに。

残っている情報は?

In a statement on its website, the CRU said: “We do not hold the original raw data but only the value-added (quality controlled and homogenised) data.”

これが温暖化科学の中心となる研究所が行った行為。

”引っ越した時に場所が足らないからデータを捨てた”

これが温暖化の科学?第三者が正しく研究を行ったかどうかわからない研究って正当な研究?

この研究結果をもとに他の研究が行われている。

MikeRossTky

 

広告

mikerosstky について

日本生まれ、日本育ちの元アメリカ人 完ぺきではない日本語を使って、保守思想をベースにブログを。
カテゴリー: 温暖化 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中