税金を逃れる為、NY州、NY市から去る納税者

110万人がNY市をこの8年間で去ったとNY Postの記事:http://www.nypost.com/p/news/local/tax_refugees_staging_escape_from_qb4pItQ71UXIc0i6cd3UpK
 

New Yorkers are fleeing the state and city in alarming numbers — and costing a fortune in lost tax dollars, a new study shows.

More than 1.5 million state residents left for other parts of the United States from 2000 to 2008, according to the report from the Empire Center for New York State Policy. It was the biggest out-of-state migration in the country.

The vast majority of the migrants, 1.1 million, were former residents of New York City — meaning one out of seven city taxpayers moved out.

"The Empire State is being drained of an invaluable resource — people," the report said.

雇用を作るのは政府ではなく、成功する一般市民だ。その市民がNY州そしてNY市から去っている。去ると同時に払っていた税金も無くなる。
 
高い税金を払う事に懲りた納税者は他の州に。
 
金持ちが出て行っているわけではない:
 
The average Manhattan taxpayer who left the state earned $93,264 a year. The average newcomer to Manhattan earned only $72,726.
 
200万円ほどの差。成功は収めたい。しかし、高い税金は耐えられない。
 
これがリベラル政策の結果だ。
 
While New York City and the state were the losers, the Sunshine and Garden States were winners. more than 250,000 New Yorkers who lived in and around the city fled to Florida. Another 172,000 city taxpayers ended up in New Jersey.
 
フロリダでは収入税が無い。
 
MikeRossTky
広告

mikerosstky について

日本生まれ、日本育ちの元アメリカ人 完ぺきではない日本語を使って、保守思想をベースにブログを。
カテゴリー: 税金 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中