アメリカの若者の失業率52.5%! 

アメリカの若者の失業率が52.5%に上ったと:http://www.nypost.com/p/news/business/the_dead_end_kids_AnwaWNOGqsXMuIlGONNX1K
 
The unemployment rate for young Americans has exploded to 52.2 percent — a post-World War II high, according to the Labor Dept. — meaning millions of Americans are staring at the likelihood that their lifetime earning potential will be diminished and, combined with the predicted slow economic recovery, their transition into productive members of society could be put on hold for an extended period of time.
 
And worse, without a clear economic recovery plan aimed at creating entry-level jobs, the odds of many of these young adults — aged 16 to 24, excluding students — getting a job and moving out of their parents’ houses are long. Young workers have been among the hardest hit during the current recession — in which a total of 9.5 million jobs have been lost.
 
 

A higher U.S. minimum wage is providing a cushion to the economy when it is most needed, according to a report released on Thursday.

The Economic Policy Institute, a liberal think-tank based in Washington, said recent rises in the minimum wage have acted as a "stealth stimulus," preventing the worst recession in generations from spiraling out of control.

The study found that the bottom-rung pay increases will boost spending by $4.9 billion.

この3年間、毎年7月に最低賃金が上がっている。景気が良い場合は経営者はカバーできるかも知れない。新しい雇用を控え、既存の従業員の手当を上げる。しかし、景気が悪いと、コストを上げるわけにはいかない。最低賃金が上がれば、新規雇用はなくなり、解雇も始まる。

9・11直後、若者の失業率は50%を上回った。しかし、景気回復で失業率は減った。オバマ政権の経済対策では中小企業のコストアップは見受けるが、景気を良くする対策は無い。長期的な若者の失業状態が続けば、アメリカのヨーロッパ化が始まると言えるのでは?オバマ政権が望む世界なのか?

MikeRossTky

広告

mikerosstky について

日本生まれ、日本育ちの元アメリカ人 完ぺきではない日本語を使って、保守思想をベースにブログを。
カテゴリー: ニュースと政治 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中