中国オリンピック - イギリス選手は言論の自由を剥奪

中国で行われるオリンピックに参加する英国選手は中国政府が抱える人権問題については語ってはいけないという契約をさせられるそうだ:http://www.dailymail.co.uk/pages/live/articles/news/news.html?in_article_id=513362&in_page_id=1770&ct=5
 

British Olympic chiefs are to force athletes to sign a contract promising not to speak out about China’s appalling human rights record – or face being banned from travelling to Beijing.

 
言論の自由を剥奪する条項がオリンピック選手が交わさないといけない契約書に含まれているとの事。

The controversial clause has been inserted into athletes’ contracts for the first time and forbids them from making any political comment about countries staging the Olympic Games.

It is contained in a 32-page document that will be presented to all those who reach the qualifying standard and are chosen for the team.

From the moment they sign up, the competitors – likely to include the Queen’s granddaughter Zara Phillips and world record holder Paula Radcliffe – will be effectively gagged from commenting on China’s politics, human rights abuses or illegal occupation of Tibet.

先日スピルバーグがオリンピックのプロデュースを拒否。チャールズ皇太子も北京入りを拒否。オリンピックに参加する選手は一生一度のチャンスの為、言論の自由を奪われる。

日本の企業で人権を理由にオリンピックをスポンサーしない企業は出てくるかな?

MikeRossTky

 

 
 
広告

mikerosstky について

日本生まれ、日本育ちの元アメリカ人 完ぺきではない日本語を使って、保守思想をベースにブログを。
カテゴリー: ニュースと政治 パーマリンク

中国オリンピック - イギリス選手は言論の自由を剥奪 への3件のフィードバック

  1. Unknown より:

    Mike-san,
     
    >forbids them from making any political comment about countries staging the Olympic Games
     
    へぇえええー。何と言うか、興味深い・・・
    10年前くらいまでは、中国ビザを取る際にこのような契約サインが求められてましたけど。
    特に著述、マスコミ関係の人には、わざわざもう一枚あって。
    その思考回路の延長線なんでしょうね。
     
    やはり現在国家を運営する優秀なる中国人は、
    資本主義は理解できても、自由/民主主義へのセンスは
    未だに身についていないんですねえ。ほー(妙に感心)
     
    >チャールズ皇太子も北京入りを拒否
     
    チャールズ、見直したよ!
     
    kaku
     

  2. MikeRossTky より:

    Kaku-san,
     
    WSJ (旧Opinion Journal Site)のこの記事もご参考に。
     
    http://online.wsj.com/article/SB120285499475363491.html?mod=rss_whats_news_asia
     
    MikeRossTky

  3. Unknown より:

    Mike-san,
     
    WSJの記事、有難うございました。
    土曜日の春一番はすごかったですね。
    西方から襲来する黄砂に巻かれつつ、
    「中国の香り」を懐かしむどころか、殆ど恐怖を感じました。

    >"As for human-rights issue(s), China’s preparation for the Beijing Olympic Games has not only boosted the development of China’s economy and social life, promoted international exchanges, but also expanded the rights the Chinese people enjoy," Sun Weide, the organizing committee’s deputy director for communications said last month.<
    どこまで分かってんだか・・・いずれにしても市場原理は法令順守が大前提で、自由は不自由の中にあるのであって、商売とは「信用」であって、資本主義とはcost-benefitなんである、と言うことを国全体が学ぶ大切なこのチャンスを逃してほしくない。だからこそ、私は北京オリンピックの成功を心から願っています。
    日本も"China Free"運動ならぬ"China Freedom"運動で、何か出来る事をやらなければ。日本の人権派は人権派らしく、こんなときこそ筋を通して欲しいものです。
    kaku
     

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中