チャーター学校 vs 普通公立学校

格差が生まれる理由は教育だと思います。アメリカの大都市では民主党の基盤である教育組合が悪い教育環境を維持して、格差を作り出している。この環境を変えようとしているのはチャータースクール(学校)制度だ。
 
チャータースクールは公立の学校だが学校の運営は民間に任せた制度だ。南ロサンゼルスでおきたチャーター学校vs教育委員会騒動を記録したビデオが下記のビデオです。コメディアンで保守系の考えを押すDavid Careyが編集しているビデオシリーズの一つです。
 
 
民間が運営する公立学校。これが正しい姿ではないでしょうか?教育環境の差で発生する格差を無くすには民間の力が必要です。
 
MikeRossTky
広告

mikerosstky について

日本生まれ、日本育ちの元アメリカ人 完ぺきではない日本語を使って、保守思想をベースにブログを。
カテゴリー: 格差 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中