自ら温暖化対策・環境対策 脱帽です!

人間は環境には悪い。人間がいなくなる事が、この地球にとって最善だ。エコウォーヤ(エコ戦士)は他人に対しては厳しいが自分自身は自家用機を乗り回す。
 
 
Had Toni Vernelli gone ahead with her pregnancy ten years ago, she would know at first hand what it is like to cradle her own baby, to have a pair of innocent eyes gazing up at her with unconditional love, to feel a little hand slipping into hers – and a voice calling her Mummy.

But the very thought makes her shudder with horror.

Because when Toni terminated her pregnancy, she did so in the firm belief she was helping to save the planet.

 
10年前自分の赤ちゃんを中絶で殺した。地球を守る為には次の世代を作る事に恐怖を感じた。そして、
 
At the age of 27 this young woman at the height of her reproductive years was sterilised to "protect the planet".
 
子供ができないように子宮をむすんだのだ。
 
リベラルの方々、もっと見習ってください。20年、40年、60年後、リベラルは次世代に受け継がれなく、絶えていく。
 

"Having children is selfish. It’s all about maintaining your genetic line at the expense of the planet," says Toni, 35.

"Every person who is born uses more food, more water, more land, more fossil fuels, more trees and produces more rubbish, more pollution, more greenhouse gases, and adds to the problem of over-population."

ここまで、言うのなら、自殺も考えた方がよいのでは?

自然ってなんでしょう?この地球上で、資源を使わず、環境も変えずに生きていく動物っていますか?なぜか、人間が作った環境は×。人間以外が作った環境は◎。この考えが問題じゃないのかな?

中絶に対してのこの人のモラルが伺える:

"I didn’t like having a termination, but it would have been immoral to give birth to a child that I felt strongly would only be a burden to the world.

"I’ve never felt a twinge of guilt about what I did, and have honestly never wondered what might have been.

赤ちゃんを殺す事よりも、地球の方が大事だと。

怖い。

MikeRossTky

mikerosstky について

日本生まれ、日本育ちの元アメリカ人 完ぺきではない日本語を使って、保守思想をベースにブログを。
カテゴリー: 温暖化 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中