Debateを行わないゴア氏

リベラルの方々は”Debate”が大嫌いだ。
Debateとは?(http://www.kt.rim.or.jp/~jda/intro/intro1.htm より)
①集会や議会等の公共的(public)な議論を行う場において、何らかの論点、課題について、
②対立する複数の発言者によって議論がなされ、
③多くの場合、議論の採否が議論を聞いていた第三者による投票によって判定される
アメリカのDemocracyの基礎となっていると思ってもよいと思います。
 
なぜ、リベラルの方々がDebateが嫌いなのだろう?第三者が対立する複数の発言者による議論を聞くことが嫌いだから?
 
ゴア氏は温暖化論を”ドキュメンタリー”として①の環境を作りました。しかし、②、③へのステップに対しては逃げています。
先日ゴア氏はデンマーク最大の新聞Jyllands-Postenが提供する場で温暖化否定論を唱えるMrLomborg氏(このブログでも彼については取り上げています、また、本もブックリストにあります)と対談することになっていました。コペンハーゲンでの対談の前日、キャンセルの通知が。新聞がせめて新聞記者とインタビューでもと… 一度はこのインタビューには同意したのですが、一時かのにキャンセル。数ヶ月前からスケジュールされていたのに…
Jyllands-Postenの”Cultural Editor”のRose氏がOpinionJournalにDebateに参加しないGore氏に質問状を投稿しました。http://www.opinionjournal.com/editorial/feature.html?id=110009552
 
One can only speculate. But if we are to follow Mr. Gore’s suggestions of radically changing our way of life, the costs are not trivial. If we slowly change our greenhouse gas emissions over the coming century, the U.N. actually estimates that we will live in a warmer but immensely richer world. However, the U.N. Climate Panel suggests that if we follow Al Gore’s path down toward an environmentally obsessed society, it will have big consequences for the world, not least its poor. In the year 2100, Mr. Gore will have left the average person 30% poorer, and thus less able to handle many of the problems we will face, climate change or no climate change.
 
ゴア氏は映画を通じて莫大な資産を使って温暖化に対応する必要があると。国連気候パネルによると、ゴア氏が主張する対応を行うと、世界人口は30%貧しくなると。温暖化以外の問題への対応はいかに行うばきなのだろう?もし、そのような犠牲を払うのなら、それなりの議論を行い、それなりの証拠の提示が必要ではないのか?
 
It would have been great to ask him why he only talks about a sea-level rise of 20 feet. In his movie he shows scary sequences of 20-feet flooding Florida, San Francisco, New York, Holland, Calcutta, Beijing and Shanghai. But were realistic levels not dramatic enough? The U.N. climate panel expects only a foot of sea-level rise over this century. Moreover, sea levels actually climbed that much over the past 150 years. Does Mr. Gore find it balanced to exaggerate the best scientific knowledge available by a factor of 20?
 
質問としては… 国連は100年後30cmほど海面が上昇するかもしれないと報告している。しかし、ゴア氏の映画の中では6メートルも海面が上昇すると語っている。その結果をグラフィックに描いている。でも国連が報告する価の20倍の価値を使ってアピールするのは無責任では?
 
Mr. Gore says that global warming will increase malaria and highlights Nairobi as his key case. According to him, Nairobi was founded right where it was too cold for malaria to occur. However, with global warming advancing, he tells us that malaria is now appearing in the city. Yet this is quite contrary to the World Health Organization’s finding. Today Nairobi is considered free of malaria, but in the 1920s and ’30s, when temperatures were lower than today, malaria epidemics occurred regularly. Mr. Gore’s is a convenient story, but isn’t it against the facts?
 
ナイロビで温暖化によってマラリアがまた来るだろうと映画の中で語っている。確かに、今、ナイロビにはマラリアは流行していない。しかし、1920-30年代、マラリアはナイロビで流行していた。温暖化とは関係なく… この情報はどう解釈すればよいのか?
 
He considers Antarctica the canary in the mine, but again doesn’t tell the full story. He presents pictures from the 2% of Antarctica that is dramatically warming and ignores the 98% that has largely cooled over the past 35 years. The U.N. panel estimates that Antarctica will actually increase its snow mass this century. Similarly, Mr. Gore points to shrinking sea ice in the Northern Hemisphere, but don’t mention that sea ice in the Southern Hemisphere is increasing. Shouldn’t we hear those facts? Mr. Gore talks about how the higher temperatures of global warming kill people. He specifically mentions how the European heat wave of 2003 killed 35,000. But he entirely leaves out how global warming also means less cold and saves lives. Moreover, the avoided cold deaths far outweigh the number of heat deaths. For the U.K. it is estimated that 2,000 more will die from global warming. But at the same time 20,000 fewer will die of cold. Why does Mr. Gore tell only one side of the story?
 
南極は温暖化に対する”カナリア”だとゴア氏は語る。確かに南極の2%は温暖化しているようだ。しかし、残りの98%はこの35年逆の方向に向かっている。国連のパネルによると、積雪の蓄積量は増えていると。
 
またゴア氏は北半球の氷の量が減っていると語る。同時に南半球の氷の量が増えている事については語っていない。
 
温暖化で人が死ぬと語っている。2003年に3万5千人がヨーロッパで亡くなったと。しかし、毎年寒さで亡くなる人たちについては無視しているのでは?イギリスでは温暖化で2000人が亡くなると報告された。同時に、20,000の死が減るだろうと。
 
If he has his way, we could end up choosing a future, based on dubious claims, that could cost us, according to a U.N. estimate, $553 trillion over this century.
 
ゴア氏の主張が通れば、100年間で$533Trillionが使われることになる。これだけの資産を使う前になぜ、きちんとした議論が行われないのか?
 
Debateとは両サイドの議論が第三者に評価されるものだ。リベラルの方々はエリート達がすでに決めたことについての議論を拒む。評価される事自体がいやなんだろう。
 
MikeRossTky
広告

mikerosstky について

日本生まれ、日本育ちの元アメリカ人 完ぺきではない日本語を使って、保守思想をベースにブログを。
カテゴリー: 温暖化 パーマリンク

Debateを行わないゴア氏 への2件のフィードバック

  1. Shah亜歴 より:

    ゴアの映画に誤りがあるからと言って、温暖化説を誤りとは決めつけられません。実際に日本の国土と近海で熱帯あるいは亜熱帯性の動植物が北上しているとの報道は多いです。NHKの科学番組で取り上げられる議論なので、根拠薄弱ではないはずです。もちろん、温暖化説が何から何まで正しいとは言いません。
     
    いずれにせよアルバート・ゴアが間違っているかいないかはともかく、彼は別にショッカーではありません。真魚さん、この件ではショッカーの特定を間違えませんよね?ガハハハハ・・・・。
     
    舎 亜歴
    http://newglobal-america.tea-nifty.com
     

  2. MikeRossTky より:

    舎さん、
     
    温暖化が起きているかどうか? それは長期的にみると、氷河期から抜けようとしている限り、温暖化はあると答えるしかないと思います。
    しかし、今”温暖化”とされる現象は”人間”が根本原因とする考え及びそれを政策に取り込もうとするリベラルの動きに問題があると思うのですがいかがでしょう?
     
    MikeRossTky

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中