真の反体制の人

今ブッシュ大統領とライス補佐官が Natan Sharansky が書いた” The Case For Democracy: The Power of Freedom to Overcome Tyranny and Terror ”を読んでいると Joel C. Rosenberg のNationalReviewOnlineの記事に書かれている。Amazon.comでは今80位。NatanSharanskyはソ連時代投獄され、イスラエルに移り住んでからは政治家になり、内閣の一員となった人物。彼がブッシュと先週会ったときに:

 "I told the president, ‘There is a great difference between politicians and dissidents. Politicians are focused on polls and the press. They are constantly making compromises. But dissidents focus on ideas. They have a message burning inside of them. They would stand up for their convictions no matter what the consequences.’

"I told the president, ‘In spite of all the polls warning you that talking about spreading democracy in the Middle East might be a losing issue — despite all the critics and the resistance you faced — you kept talking about the importance of free societies and free elections. You kept explaining that democracy is for everybody. You kept saying that only democracy will truly pave the way to peace and security. You, Mr. President, are a dissident among the leaders of the free world.’"

政治家は世論の風に動かされる。ブッシュ大統領は世界の逆風が吹いても”自由”と民主主義を貫いたほんとの反体制の人であると。

Natan Sharansky の本をこの記事を書いている途中でAmazonで注文してしまいました。

MikeRossTky

広告

mikerosstky について

日本生まれ、日本育ちの元アメリカ人 完ぺきではない日本語を使って、保守思想をベースにブログを。
カテゴリー: Natan Sharansky ナタン シャランスキー パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中